E2 光量子物性実験

研究分野のキーワード

量子光学・レーザー分光学、光物性、ナノ構造光物性、高エネルギー原子分光学

分科群の内容

本分科群では、近年目覚ましい発展を遂げる光量子科学の最先端の成果・技術を、凝縮系物理学等における物理学の重要問題に応用展開することにより、画期的な成果を遂げることを目指して研究を行っています。特に、従来の伝統的な固体物性実験で用いられてきたオーソドックスな手法をそのまま踏襲するのでなく、これまでとは大きく異なる、極めて新規でユニークな実験手法を自ら開発することにより、これまで存在しなかった全く新しい物質の量子状態を生成したり、究極の精度・感度を持ったスペクトルや分子の観測を可能にするなど、オリジナリティーの高い研究を展開しています。また、物質や光を究極的に、場合によっては単一量子のレベルで、コントロールして、精密な実験を行っているのも大きな特徴です。

本分科群には、

  • 量子光学・レーザー分光学研究室
  • 光物性研究室
  • ナノ構造光物性研究室
  • 高エネルギー原子分光学研究室

という4研究室があり、それぞれ、レーザー冷却された超低温量子気体、光学的に特異な性質をもつ固体材料、ナノ構造半導体、そして化合物や金属、といった、特色ある興味深い実験対象・物質に対して、超安定・狭線幅なコヒーレント光源、超短パルス・広帯域光源およびテラヘルツ光源、そして、X線領域の実験室光源や放射光光源、といった最新の光源を用いて研究を行っています。さらに、超高分解能分光、時間分解分光や単一原子・分子レベルの顕微分光等の高度な分光技術を駆使して、ユニークな最先端の研究を行っています。


E2 光量子物性実験群

分科群の構成

基幹講座

量子光学・レーザー分光学 (詳細ページへ)

レーザー冷却された超低温量子気体による凝縮系物理および超精密量子計測

  • 教授:高橋 義朗/レーザー冷却・原子物理学
  • 助教:高須 洋介/原子物理学・レーザー冷却
  • 助教:吉川 豊/レーザー冷却・量子光学
光物性 (詳細ページへ)

光学的に特異な性質をもつ固体物質や単一層物質における光励起非平衡状態の物理および先端光学計測

  • 教授:田中 耕一郎/光物性・テラヘルツ光学
  • 准教授:中 暢子/光物性
  • 助教:有川 敬/光物性

協力講座

ナノ構造光物性 (詳細ページへ)

半導体ナノ構造におけるナノフォトニクスおよび非線形光学現象

  • 教授:金光 義彦/半導体物理学・ナノサイエンス
  • 助教:井原 章之/半導体物理学
  • 助教:田原 弘量/半導体物理学・超高速レーザー分光
高エネルギー原子分光学 (詳細ページへ)

高分解能X線分光器を用いたX線と物質との相互作用に関する研究

  • 准教授:伊藤 嘉昭/X線分光学

参考情報

分科群・分科一覧