セミナー・特別講義

2010年度

GCOE研究員年次報告会
日時
2011年3月7日(月) 13:20 - 16:20
場所
理学部5号館第4講義室 (525号室)
プログラム
13:20 Kazuto Otani
Efficient laser-proton acceleration from locally metal coated polyethylene foil (pdf)
13:40 Shigeto Kabuki
Study of 3D Reconstruction Method for Electron-Tracking Compton Camera (pdf)
14:00 Ryo Toda
A role of 3He atoms for NCRI response of solid 4He (pdf)
14:20 Norichika Sago
Cross-cultural comparison between black hole perturbation and post-Newtonian theory (pdf)
14:40 Break
15:00 Naoki Isobe
Longterm X-ray observation of blazars with MAXI (pdf)
15:20 Hidetoshi Morita
Spatio-temporal pattern in a conservative dynamical system (pdf)
15:40 Yoshimasa Hidaka
Soft modes in QED/QCD plasma at high temperature (pdf)
16:00 Alberto Martinez Torres
Few-body systems made of kaons (pdf)

「パケット道場」

「パケット道場」とは、GCOEのパケット准教授が皆さんの英語についての質問に答えるセミナーです。 物理学・宇宙物理学専攻の全員は自由に参加できます。このセミナーでは、パケットが参加者の執筆中の 論文を対象にして英語の使い方についてアドバイスし、参加者の質問と関連している問題点の解説を行います。 それぞれの参加者の論文に効率よく対応できるようにスケジュールを組むことにします。そのために、パケットの 研究室(理学研究科5号館、406号室)の外にスケジュール表が張ってありますので、ご興味のある方は、ご自由に 予約を取って下さい。(一人当たりの時間は10分となっていますが、場合によってはこの時間を短くまたは長くする こともあるかもしれません。)
日:(大体)毎月の第2、第4金曜日*
時間:14:00〜16:00
場所:理学研究科5号館、401教室
*4月は第3(17日)第4(24日)

GCOEセミナー
title
ラグランジュ『解析力学』を読み直す
author
有賀暢迪 氏
(日本学術振興会特別研究員(京都大学大学院文学研究科))
date
2011年3月9日(水)14:00-15:30
place
物理学第4講義室(理学部5号館525号室)
abstract
  ラグランジュの『解析力学』(1788)は、おそらくニュートンの『プリンキピア』(1687) と並んで力学史上有名な本であろう。それは確に、力学の解析化と体系化という、十八世紀に おける古典力学の発展の頂点に位置している。とはいえ、『解析力学』の内容は今日 「ラグランジュ形式」という言葉から想像されるものと必ずしも同じではないし、 ラグランジュより一世代前のオイラーやダランベールの力学と比べても、 かなり独特であると言ってよい。この講演ではまず、十八世紀の力学の流れを 概観したあとで、『解析力学』の特徴を紹介する。その上で、そうした特徴が どこから来たものなのかについて、講演者の研究成果をもとにお話ししたい。
contact
米澤進吾(yonezawa@scphys.kyoto-u.ac.jp, 内線3744)
note
GCOEセミナー
title
統計力学史の再検討:マクスウェル・ボルツマン・ギブス
author
稲葉 肇 氏
(京都大学大学院文学研究科博士後期課程、日本学術振興会特別研究員 (DC))
date
2011年2月18日(金曜日) 14:00−
place
物理学第4講義室(理学部5号館525号室)
abstract
 統計力学(あるいは気体分子運動論)は,19世紀半ばに気体の諸性質を分子仮設に基 づいて導出する試みから出発し,20世紀初頭の量子論の誕生に本質的な役割を 果たした分野である.その成立に関わった人物としては,マクスウェル,ボルツマン, ギブスらが知られているが,量子論のない時代の彼らの理論は,現代の統計力学とは 異なる基礎の上に考えられている.また,原子という(当時の技術では)観測不可能 な存在を仮定することに関する科学方法論上の議論など,統計力学の発展は様々な論争 に彩られている.本講演では,19世紀後半の統計力学の歴史を概説し,講演者の 研究の一端を紹介する.
contact
米澤進吾(yonezawa@scphys.kyoto-u.ac.jp, 内線3744)
note
GCOEセミナー
title
Experimental investigations in superconductor/ferromagnet heterostructues: a close look to induced superconductivity inside a ferromagnet
超伝導/強磁性ヘテロ構造の実験的研究:強磁性体中に誘起される超伝導
author
Professor Edgar Patino
(University of Los Andes, Bogota, Colombia))
date
2011年 2月 8日(火曜日) 13:30−14:45
place
物理学第4講義室(理学部5号館525号室)
abstract
 This talk starts with a short review of the main experimental investigations on the title subject. It is also intended to serve as an introduction to the physics of superconductivity under the presence of domain walls. First, the speaker briefly discusses general aspects of Superconductor/Ferromagnet (S/F) proximity effects. Then the so-called domain wall superconductivity (DWS) and stray field effects (SFE) are clarified. The talk concludes with a discussion of induced superconductivity inside a ferromagnet, as well as some outstanding issues and desirable future work.
Ref. E. J. Patino, C. Bell and M.G. Blamire,
“Sudden Critical Current Drops Induced in S/F Structures”, European Physical Journal B 68, 73-77 (2009).
contact
前野悦輝 (Y. Maeno、ext. 3783)
note
物理学グローバルCOE特別講義4
題目
現代分子物理
担当教員
John M. Doyle氏
(ハーバード大学教授)
11月10日(水) 13:30-15:00 15:30-17:00
11月11日(木) 10:30-12:00 13:30-15:00 16:00-17:30 (談話会形式)
11月12日(金) 10:30-12:00
場所
理学部5号館525号室(第4講義室)
単位
理学研究科科目番号4503(1単位)
概要
Physics with Simple Molecules, from the Basics to Current Research Frontiers

Starting with one group trapping molecules in 1998, the field of cold and ultracold molecules has now blossomed, with 50 experimental groups worldwide working in the area. Paralleling the development of ultracold atom physics, the reason for this revolution in molecular physics is the unprecedented control, low temperatures and high phase space density possible with new techniques. A wide variety of molecules have now been made cold (kelvin to millikelvin) and a few have been made ultracold (microkelvin). Now molecules are at the forefront of research on strongly correlated systems, quantum information and tests of physics beyond the Standard Model. This course will be aimed at beginning and advanced researchers, in particular physicists. Starting with explaining why molecules exist at all, we will end with a summary of the most current research results.

The topics covered will be:
1. Molecular Bonding
2. Internal Molecular Interactions
3. Molecular Angular Momentum
4. Molecules in External Electric Fields
5. Interactions Between Molecules
6. Research Frontiers with Cold and Ultracold Molecules
URL
http://yagura.scphys.kyoto-u.ac.jp/ProfDoyle/GCOE.html
物理学グローバルCOE特別講義3
題目
科学研究のための英語 Scientific English
担当教員
Glenn Curtis Paquette
(京都大学大学院理学研究科・GCOE特定准教授)
対象学生
博士課程
曜日
火曜日(詳しくは下記の「スケジュール」を参照
時間
16:30〜18:30
場所
理学部5号館525号室 (第4講義室)
概要
In this course, we will study and practice the fundamentals of oral presentation of research results in English. The emphasis of the course will be on practice, with most of the class time used for student presentations. Students will be required to prepare and give several talks of various lengths in which they present research results. Significant time will also be dedicated to question/answer sessions, in which all students will be required to participate. Course grades will be determined by both the quality of presentations and participation in question/answer sessions. The entire course will be conducted in English. The course is open to all doctor- course students in Physics I, Physics II and Astronomy.

There are no required textbooks for this class.
schedule
Session I:
Jan. 11, 18, 25 16:30-18:30
Session II:
Feb. 25 , 28; Mar. 2, 4, 7, 9 16:30-18:30
note 1
受講人数は24人に限定し、D3、D2、D1という優先順位で受講者を決定します。 受講したい方はメールにて2011年1月1日 までにパケット (paquette@scphys.kyoto-u.ac.jp)に申し込んで下さい。 その時、お名前(漢字とふりがな)、学生番号、所属(物1、物2、宇宙)、学年を明記してください。
note 2
この授業は博士後期課程の学生を対象とするので、単位はありません。
物理学第一教室 大学院特別講義2 談話会 
title
相互作用可変フェルミ粒子系―多体物理から少数粒子物理まで
author
向山 敬 氏
(電気通信大学先端領域教育研究センター 特任准教授)
date
2010年12月2日(木曜日) 16:00−17:30
place
理学研究科5号館525号室
abstract
 外部磁場の制御によって原子間の相互作用が可変であるという性質は、他の量子系に は見られない冷却原子系の特有の自由度である。この性質を利用すると、 ユニタリー極限と呼ばれる相互作用が最大になる極限や、分子のボース凝縮 (BEC)からBCS超流動への断熱的な移り変わり(BCS-BECクロスオーバー)を示す系 を実現することができる。これは冷却原子の分野にとどまらず固体物理、 高エネルギー物理の分野にも同様に存在する多体系であることから、 実験・理論の両方面から興味を持たれている。
 講演では我々のグループにおいてフェルミ同位体リチウム原子を用いて行った研究に ついて紹介する。特にユニタリー極限において成り立つ普遍的熱力学の実験的決定、 3成分フェルミ原子気体におけるエフィモフ3量体の観測について報告を行う。
contact
量子光学・レーザー分光学 高橋義朗(内線3745)
note
GCOE・基研セミナー(原子核) 
title
General Many Body Theory for alpha Particle (quartet) condensation in the macroscopic Limit
author
Peter Schuck
(Orsay, France)
date
2010年 11月29日(月曜日) 13:30 〜 
place
基礎物理学研究所 研究棟・会議室K206
abstract
We first consider the critical temperature for alpha particle condensation in symmetric and asymmetric nuclear matter. DIfferences with ordinary pairing are pointed out. We then derive a fully selfconsistent nonlinear equation for the quartet order parameter which is the analogon of the gap equation for pairing. The particularity of this equation and some qualitative differences with ordinary pairing are discussed. Preliminary results will be presented.
Contact
note
このセミナーは京都大学基礎物理学研究所と京都大学理学研究科グローバルCOEプログラム「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」の共催で行われます。
物理学第一教室 大学院特別講義3 談話会 
title
ネマチックコロイドの相互作用と構造形成
author
木村 康之 氏
(九州大学大学院理学研究院 教授)
date
2010年11月25日(木曜日) 16:00−17:00
place
理学研究科5号館525号室
abstract
液晶などの内部構造を有する液体(構造流体)中に分散した微粒子間には、通常の等方性液体中に分散した 場合と異なった特異な相互作用が働く。
本講演では方向の秩序を有するネマチック液晶中に分散したコロイド粒子間に働く力を光ピンセット を用いて直接測定した結果を紹介する。さらに、この粒子間相互作用が連続体理論を用いた計算結果 と定量的によく一致することを示す。最後に液晶中の特異な相互作用による液晶中に分散したコロイ ド粒子の構造形成についての実験結果も紹介する予定である。
contact
時空間秩序・生命物理 市川正敏 (内線3694)
note
GCOEセミナー 
title
Cooling of Molecules with Inert Gases: from Oxygen to Naphthalene
author
Prof. John M.Doyle
(Harvard University)
date
2010年 11月11日(木曜日) 16:00 〜 17:30
place
理学研究科5号館525号室
abstract
Buffer gas cooling has provided the basis for new types of cold beams, trapping of exotic atoms, study of new collisional processes in atoms and molecules, production of quantum gases and, now, the study of molecule clustering. This talk will review some of the recent results from our lab. This will include the creation of cold molecular beams in a cryogenic intermediate regime where radicals and other species can be formed at temperatures around one Kelvin at a velocity around 150 meters per second. Also presented will be new results on three body and two body association of atoms and molecules. In particular, the binding, or lack thereof, of helium to target species, both atoms and molecules, will be discussed. Cooling of Naphthalene to around four Kelvin will be described.
contact
高橋 義朗 (内線:3745) (yitk@scphys.kyoto-u.ac.jp)
note
GCOEセミナー・基研セミナー(素粒子) 
title
Lattice string field theory
author
Michael Kroyter
(Tel-Aviv University)
date
2010年 10月 25 日(月曜日) 13:30−
place
基礎物理学研究所 湯川記念館・会議室Y306
abstract
 String field theory is a candidate for a full non-perturbative definition of string theory. We want to check whether it might be possible to fully define it at the quantum level. To that end, we try to formulate it on a space-time lattice. We examine potential problems with this approach and then turn to the particular case of one dimensional open bosonic string field theory. We report the first results of our simulations.
contact
基礎物理学研究所 准教授 笹倉直樹 (内線:7037)
note
このセミナーは京都大学基礎物理学研究所と京都大学理学研究科グローバルCOEプログラム 「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」の共催で行われます。 参照 基研HP:http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=51071
GCOEセミナー・物理学第一教室 大学院特別講義4 談話会 
title
ソフトマターにおけるOnsagerの変分原理
author
土井 正男 氏
(東京大学大学院工学系研究科 教授)
date
2010年 10月 7 日(木曜日) 16:00−17:00
place
理学研究科5号館 第4講義室(525号室)
abstract
 1931年、Onsagerは、後のノーベル賞受賞につながる相反定理に関する論文を発表し たときに、非平衡系の運動に関する変分原理について述べている。Onsagerは、相反定 理により、非平衡系の動力学は一般にRayleighの「エネルギー散逸最小原理」と類似 の形式で定式化できることを示した。この原理は、その後の非平衡統計力学の発展の中 でそれほど注目はされなかったが、ソフトマターのように、非線形・非平衡を強く示す 物質の研究においては、極めて有用な原理である。
 ここでは、ソフトマターで用いられている数々の非線形現象を記述する方程式が Onsagerの変分原理から統一的に導き出されることを示すとともに、Onsagerの「線型 輸送方程式」に関して存在する、数々の誤解を解きたい。
contact
相転移動力学 荒木武昭(内線3825)
note
GCOEセミナー・物理学第一教室 大学院特別講義5 談話会 
title
電荷秩序を示す有機導体θ型ET塩の電流効果
author
寺崎 一郎 氏
(名古屋大学大学院理学研究科 教授)
date
2010年 9月 30 日(木曜日) 15:00−16:30
place
理学研究科5号館 第4講義室(525号室)
abstract
 電気伝導を示す分子性結晶である有機導体は、超伝導、電荷・スピン密度波、 モット絶縁体などの舞台として永く研究されてきた。数年前に、我々は有機 導体θ-(ET)2CsZn(SCN)4に潜んでいた新しい物理現象、 巨大な非線形伝導を発見した。非線形伝導は、他の多くの有機伝導体で報告されており、 それ自体で斬新であるとは言えない。我々は、電流通電中のX線回折を行い、 電荷秩序を示す散漫散乱が電流とともに抑えられることを見出した。 すなわち、我々が観測した現象は、電子の流れによって電子の秩序を抑制する という意味で本質的な非平衡現象であること、そしてそれが比較的低い電場 (10−100 V/cm)で生じるという意味で新しい現象である。
 我々は、この現象が単純な自己発熱の効果でないこと、本質的な非平衡現象で あることを、電流通電下のX線回折で丹念に調べた。さらに我々は、電荷秩序 (正確にはパイエルス転移)の電流効果を非平衡定常状態の統計力学を用いて 調べた。抵抗率の温度依存性から見積もることができる活性化エネルギーを 電流を変えながら測定したところ、理論が予測する電荷秩序ギャップの温度 依存性とよい一致を得た。
 本講演では、この物質の非線形効果にまつわる最近の進展を紹介し、非平衡定常 状態の理解という、強相関電子系の新たな研究の方向を提示し、聴衆のみなさんと議論したい。
contact
固体電子物性 芝内孝禎(内線3785)
note
GCOEセミナー 
title
Solid state physics with fermionic atomic quantum gases: engineering metals and Mott insulators in an optical lattice
author
Dr. Robert Jordens
(ETH Zurich, Prof. Esslinger Group)
date
2010年 9月28日(火曜日) 10:30 〜
place
理学研究科5号館115号室
abstract
contact
高橋 義朗 (内線:3745) (yitk@scphys.kyoto-u.ac.jp)
note
GCOEセミナー 
title
Towards Magnetic Trapping of CaH
author
Julia H. Rasmussen
(Harvard University, USA)
date
2010年 9月 17 日(金曜日) 14:00−15:00
place
理学研究科5号館115号室
abstract
contact
高橋 義朗 (内線:3745) (yitk@scphys.kyoto-u.ac.jp)
note
GCOEセミナー 
title
The ACME Electron EDM Experiment
author
Nicholas R. Hutzler
(Harvard University, USA)
date
2010年 9月 17 日(金曜日) 15:30−16:30
place
理学研究科5号館115号室
abstract
contact
高橋 義朗 (内線:3745) (yitk@scphys.kyoto-u.ac.jp)
note
GCOEセミナー・基研セミナー(素粒子)
title
Thermal effect on the Q-balls and gravitational waves
author
鎌田 耕平
(東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター)
date
2010年7月28日(水曜日) 13:30−
place
基礎物理学研究所 湯川記念館・会議室Y206
abstract
Q-ball formation associated with the Affleck-DIne (AD) mechanism is one of the interesting features of the MSSM flat direction. In particular, when we consider the thermal effect, there emereges a variety of scenarios of the AD mechanism and the Q-ball formation. In this talk, I will show how thermal plasma affects the dynamics of the MSSM flat direction and Q-ball properties. I also explain the cosmological consequences of such features, especially the emission of the gravitational waves and their detectability.
contact
基礎物理学研究所 准教授 笹倉直樹(内線:7037)
note
このセミナーは京都大学基礎物理学研究所と 京都大学理学研究科グローバルCOEプログラム 「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」の共催で行われます。
*参照 基研HP:http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=51049
GCOEセミナ−
title
科学と社会をつなぐことができるか 〜科学コミュニケーションの模索〜
author
横山 広美
(東京大学大学院理学系研究科 広報・科学コミュニケーション 准教授)
date
2010年7月22日(木曜日) 15:30−16:30
place
理学部5号館 525号室
abstract
昨年からの事業仕分けにより,科学・技術予算にも大鉈が振るわれ, 科学者と政府,あるいは国民の間のコミュニケーションの重要性が指摘されています. 国民の科学・技術に対する期待は主に医療と環境科学に向けられており,基礎科学の必要性, 重要性を訴えることがますます難しい時代に突入しています.さらに科学者は, 科学を説明すれば社会が合理的判断をすると思いがちですが, 様々な歪みによって,科学者が思うような政策決定がなされていないことも事実です.
基礎科学を推進する科学者たちは,国民感情に揺さぶられる社会,政府と, どのように向き合っていくことが必要かお話できれば幸いです.
contact
Toru Tanimori, tanimori@cr.scphys.kyoto-u.ac.jp, 内線3858
note
GCOEセミナ−
title
Key Symmetries of Superconductivity: Inversion and Time Reversal Symmetry
author
Professor Manfred Sigrist
(ETH Institute for Theoretical Physics, Switzerland)
date
2010年7月16日(金曜日) 16:00−
place
物理学教室 第4講義室
abstract
Symmetries play an important role for superconductivity. At the superconducting phase transition U(1)-gauge symmetry is spontaneously broken and in so-called unconventional superconductors even further symmetries may be violated which give rise to extraordinary phenomena. Besides this phenomenological symmetry concept there is also the microscopic point of view that superconductivity is based on the formation of Cooper pairs built of degenerate electronic states very close to the Fermi surface. The availability of such degenerate electronic states relies on two key symmetries, inversion and time reversal symmetry, which allow for the most basic classification of superconductors into even-parity (spin singlet) and odd-parity (spin-triplet) pairing. The absence of any of these two symmetries yields a modification of the Cooper pairing states with numerous implications. This presentation will shed light some of the physical properties resulting from the lack of time reversal and inversion symmetry and discusses examples, which we encounter among ferromagnetic and non-centrosymmetric superconductors. Special attention will be given to the later class in the light of recent remarkable developments for the non-centrosymmetric heavy Fermion superconductors.
contact
前野悦輝, maeno@scphys.kyoto-u.ac.jp, ext.3783
note
GCOEセミナ−
title
The Measure of the Universe A Crisis For Cosmology
author
Professor George Efstathiou
(Kavli Institute for Cosmology Cambridge and Institute of Astronomy)
date
2010年6月30日(水曜日) 16:45−18:00
place
理学研究科6号館 301号室
abstract
Recent developments in Cosmology and Theoretical Physics suggests that our Universe is just one pocket in a Multiverse, possibly consisting of an infinite number of infinite Universes. Furthermore, astronomical observations have shown, to the surprise of most cosmologists, that the expansion of our Universe is accelerating, rather than decelerating under the action of gravity. This acceleration requires a small, but non-zero, vacuum energy that is 120 orders of magnitude smaller than predicted by fundamental physics. The existence of a Multiverse may explain this puzzle, but a consistent cosmology requires an understanding of how to tame infinities in the Multiverse. This is the `Measure Problem'. Without a solution to this problem, modern cosmology has boxed itself into a crisis.
contact
佐々木節、misao@yukawa.kyoto-u.ac.jp
note
GCOE・基研セミナー (物性・原子核合同)
title
RG derivation of relativistic fluiddynamic equations for a viscous fluid
author
Teiji Kunihiro
(Kyoto University)
date
2010年4月22日(木) 13:30−
place
基礎物理学研究所 湯川記念館 Panasonic国際交流ホール
abstract
After a brief introduction to the fundamental issues on the theory of relativistic fluid dynamic equations for a viscous fluid, we present an attempt to derive relativistic fluiddynamic equations in general local rest frames for a viscous fluid from the underlying relativistic Boltzmann equation. Our method is based on the so called renormalization-group method as a powerful reduction method of a dynamical system.
The local rest frames (LRF's) are specified by introducing a macroscopic frame vector: The derived first-order equations include the Landau equation in the energy frame as a special case, but the equation in the particle frame does not coincide with the Eckart one which is known to have a pathological property that the thermal equilibrium becomes unstable if the linear perturbation around the equilibrium is described by this equation. We show that our equation has no such a pathological property, and discuss the origin of the difference between the two equations in the particle frame: The dissipative part of the energy-momentum tensor $\delta T^{\mu\nu} $ in the particle frame satisfies $\delta T^\mu_\mu = 0$ , in contrast to the Eckart choice $u_\mu \delta T^{\mu\nu} u_\nu = 0$ adopted as a matching condition by Eckart and the subsequent literature. We emphasize that the way how to impose the matching condition is a fundamentl but has been an unsolved problem. This problem is solved in a natural way by the introduction of the macroscopic frame vector in our method.
In the final part, we briefly present a derivation of the second-order (Israel-Stewart type) dissipative relativistic fluiddynamic equations in a generic frame from the relativistic Boltzmann equation. The relaxation terms in the energy and particle frames are given. Our results show that the viscosities are frame-independent but the relaxation times are generically frame-dependent.
We confirm that the dissipative part of the energy-momentum tensor in the particle frame satisfies $\delta T^\mu_\mu = 0$ obtained for the first-order equation. We show that the new constraint $\delta T^\mu_\mu = 0$ can be compatible with the phenomenological derivation of hydrodynamics based on the second law of thermodynamics.
contact
note
京都大学基礎物理学研究所と京都大学理学研究科グローバルCOEプログラム 普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」の共催で行われます。
GCOE・基研セミナー (宇宙)
title
Phenomenological Aspects of Bounce Cosmology
author
Yifu Cai
(Institute of High Energy Physics, Chinese Academy of Sciences)
date
2010年4月20日(火) 16:00−
place
基礎物理学研究所 研究棟・会議室 K202
abstract
In the talk, I will first introduce the singularity problem in current paradigm of cosmology. Up to now, we have no idea of solving this problem in current framework of theoretical physics. However, we have opportunities to study potential observational signals of solutions to cosmic singularities by virtue of effective field theory. I will present two examples to illustrate the big bang singularity can be replaced by a big bounce. I will also talk about the perturbation theory in bounce cosmology, and show that it predicts sizable and negative non-gaussianities which can be measured by near future observations.
contact
note
京都大学基礎物理学研究所と京都大学理学研究科グローバルCOEプログラム 普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」の共催で行われます。
*参照 基研HP: http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=50977
GCOE・基研セミナー (原子核)
title
Three-body hadron resonances
author
Alberto Martinez Torres
(京都大学 基礎物理学研究所)
date
2010年4月14日(水) 15:00−
place
基礎物理学研究所 研究棟・会議室 K206
abstract
We have solved the Faddeev equations for different three-body hadron systems by using as input the two-body chiral t-matrices obtained after solving the Bethe-Salpeter equations in a coupled channel formalism. We have found several resonances in which the three-body interaction is essential in order to describe its properties.
contact
基礎物理学研究所 教授 大西明(内線:7012)
note
京都大学基礎物理学研究所と京都大学理学研究科グローバルCOEプログラム 普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」の共催で行われます。
*参照 基研HP: http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=50978

他のアナウンス内コンテンツ