GCOEセミナー・講義

2012年度

物理学グローバルCOE 談話会

科学番組制作のフィロソフィを語る
〜NHK・E テレ「すイエんサー」を例に〜 

講師: 村松 秀 氏
NHKエデュケーショナル 科学健康部・専任部長)
場所:
理学部 5 号館北棟・363 号室(第2 講義室)
日時:
2012 年 7 月 27 日(金曜日) 14:45−16:15
要旨:
「すイエんサー」は、日常生活で抱く素朴な疑問、例えば「バースデーケーキのロウソクの火を一息だけで消せないか?」 「スイカを種が入らないようにカットできないか?」といったテーマに真剣に挑んでいく、人気の科学(?)エンタメTV 番組である。 一見ただゆるく楽しいだけに見えるが、ひたすらグルグルと考えさせることで科学研究のプロセスの面白さ、 そして科学的思考の醍醐味を少しでも感じてもらいたいという思いで番組を制作している。 成果や情報ばかりが強調される科学技術社会へのささやかな抵抗でもある。 「すイエんサー」の科学教育的アプローチとその制作の背景を語りたい。
(ポスター)

物理学グローバルCOE特別講義6

科学者の社会的なあり方を考える 
〜科学番組制作の視点から

講師: 村松 秀 氏
NHKエデュケーショナル 科学健康部・専任部長)
場所:
7/13:理学部 5号館 525号室(第4講義室)
7/26,7/27:理学部5号館北棟・363号室(第2講義室)
日程: 7月13日(金) 13:00-14:30, 14:45-16:15, 16:30-18:00
7月26日(木) 13:00-14:30, 14:45-16:15, 16:30-18:00
7月27日(金) 10:30-12:00,13:00-14:30, 14:45-16:15 (談話会)

科学技術が現代社会に果たす役割がますます大きくなってきているのと同時に、科学者が社会において果たすべき役割もいっそう強くなってきている。 そのため、市民が科学をどのようにとらえているか、社会は科学や科学者に何を求めているのか、そもそも科学者のあり方とはどんなものなのか、考えていく必要がある。 この特別講義では、講師が番組制作の中で重要視してきた「わからなさ」というキーワードを元に、科学や科学者と社会とのかかわりについて受講者と一緒に考えていきたい。
1. 「わからなさ」と向き合う:科学とアート
2. 環境ホルモン、漂着物から 「わからなさ」を考える
3. 「科学の視座」と「文化の視座」
4. 科学技術社会と「わからなさ」
5. 科学論文捏造と「わからなさ」
6. 市民が科学情報と対峙するとき
7. 「すイエんサー」から科学思考を鍛える教育を考える
8. 科学者のあり方と「わからなさ」

【村松秀氏のプロフィール】
NHKで「ためしてガッテン」「NHKスペシャル」「クローズアップ現代」「サイエンスZERO」など、様々な科学番組制作を20年以上にわたって担当。 現在は新しいスタイルの科学エンタメ番組「すイエんサー」の制作統括。取り上げてきたテーマは、科学論文捏造、環境ホルモン問題など多岐にわたる。 科学ジャーナリスト大賞、バンフテレビ祭ロッキー賞、放送文化基金賞最高賞、地球科学映像祭大賞など受賞多数。
世話人: 前野悦輝 (物1、内: 3783)
(ポスター)

物理学グローバルCOE特別講義7

物理から環境エネルギー問題を考える

講師: 池田 裕一 氏  (京都大学 リーディング大学院思修館 特定教授)
場所: 理学部 5号館 525号室(第4講義室)
日程:  11月28日(水) 10:30-12:00, 13:30-15:00, 15:30-17:00
     11月29日(木) 10:30-12:00, 13:30-15:00, 15:30-17:00
     11月30日(金) 10:30-12:00, 13:30-15:00, 15:30-17:00(談話会)


要旨: 環境エネルギー問題が,今の日本と世界にとって重要課題であることは周知の事実である. これを受けて,物理学を専攻する学生・大学院生にとって,物理学の専門知識を背景に,この問題について学び,知見を得ることは重要である. それは物理学の専門研究者となる上でもバックボーンの一環を成すし,また,国際機関や公的機関などでの研究・政策提言に関するキャリアへと繋ぐにあたっても有益である. 実際,エネルギーシステム解析において,物理モデルに習ったモデルが広く使われており,物理屋が活躍する場・ニーズは大きい.本講義では,エネルギーシステム解析について,3つの物理モデルを挙げ,学ぶ.

物理学グローバルCOE特別講義8

-科学コミュニケーションのための英語-
Global COE Physics Special Lecture 8
-English for Scientific Communication-

Teacher: Andrew Hillier (contact - andrew@kwasan.kyoto-u.ac.jp)
TA: Jonathan White (contact - jwhite@yukawa.kyoto-u.ac.jp)
Course webpage: www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~andrew/englishcommunication
e-Paquette dojo: http://coe3.scphys.kyoto-u.ac.jp/paquette
Dates: May 1st, 8th, 22nd & 29th and July 3rd, 10th, 17th, 24th & 31st
Time: 5th period (16:30 - 18:00)
Room: 5-525
Credit: 1 credit unit - Report (Homework 5) 35%, Participation 20%, Homework (1, 2, 3 & 4) 20%, e-Paquette questions (5 in total) 15% & Quiz (1, 2, 3 & 4) 10%

Aims: It is necessary for people who aim to make a career from science to have the ability to communicate their work to the rest of the world. One of the most important tools for that communication is English. This course will provide an introduction to various methods of communicating in English and provide the opportunity to practice these methods.

Lesson Content: The lessons will include:
1) Explanations on the use of English, with quizzes and homework sheets to provide the students with practice
2) Reading and listening comprehension exercises to boost the students skills in quick comprehension of English
3) Student presentations and a mini-debate contest
4) An introduction to writing a scientific paper, with the students writing a paper about their research using LaTeX. An introduction to LaTeX and assistance with the use of LaTeX will be provided.

This course will be given over a period of three months, with one month of four lessons, then one month with no lessons to write a scientific paper, followed by a final month of five lessons.

Lesson 1: Introduction to class contents and the e-Paquette dojo.
Lesson 2: Article comprehension 1 - Reading and discussing a scientific news article.
Lesson 3: Introduction to writing scientific papers 1 - Logic
Lesson 4: Introduction to writing scientific papers 2 - Using LaTeX
   One month without lessons for students to write a scientific paper
Lesson 5: Submission of paper.
   Article comprehension 2 - Reading and discussing a scientific news article.
Lesson 6: Basic advice of giving a presentation.
   Article comprehension 3 - Listening and discussing a scientific presentation.
Lesson 7: Debate 1 - Preparation for class debates
Lesson 8: Debate 2 - Debate competition

Special topics will be presented in this course including articles, prepositions and verbs. There will be four homeworks, one scientific paper submission and six quizzes included in this course. Homeworks and quizzes are based on the content of the special topics.

講義の内容は受講者が論文をうまく作成する方法と英語の科学コミュニケーションする方法の解説となる。 それに加えていくつかの、日本人にとって使い方が特に理解しにくい単語や表現について講義する。

Student Requirements: Students will be required to submit 4 homework sheets and 5 questions to the e-Paquette dojo as well as write a short report in the form of a journal article. Students will also be required to speak in class on numerous occasions, including short presentations and a mini debate contest. All students who take this course should understand that they will be expected to proactively participate in the lessons.

GCOEセミナー

GCOEセミナーは英語での講演を中心としますが、日本語の講演でも特定の研究室の枠を大きく超えたものや分野横断的なものは歓迎します。 (なお、日本語講演でもなるべくスライドは英語を推奨します。)また、各教室やグループの談話会などとの共催のセミナーでも結構です。

セミナー案内はWEBに掲載の上、掲示用の案内(A4版)の配布も行ないます。
希望者はこちらの様式に記入の上、メールで
gcoe-office@scphys.kyoto-u.ac.jp まで申し込んでください。

今後の予定

GCOE・基研セミナー
title
The equilibrium dynamics of the Dean-Kawasaki model for colloids: the standard MCT and beyond
author
Bongsoo Kim
(Changwon National University)
2013年 3月21日(水) 16:00〜
place
基礎物理学研究所 研究棟・講義室K202
(詳しくはこちらへ)
GCOE・基研セミナー
title
量子古典対応の情報幾何学的解析
author
松枝 宏明
(仙台高等専門学校)
2013年 3月14日(木) 16:00〜
place
基礎物理学研究所 研究棟・講義室K202
(詳しくはこちらへ)
GCOE・基研セミナー
title
重力波望遠鏡が拓く新しい天文学
author
安東正樹
(国立天文台)
2013年 3月8日(金) 16:00〜
place
基礎物理学研究所 研究棟・講義室K202
(詳しくはこちらへ)
GCOE・基研セミナー(物性)
title
水面を浮遊する粉体の動的不均一性
author
齊藤 国靖
(University of Twente, the Netherlands)
2013年 2月25日(月) 16:00〜
place
基礎物理学研究所 研究棟・講義室K202
(詳しくはこちらへ)
GCOE・基研セミナー
title
Matrix models for irregular conformal blocks
author
Chaiho Rim
(Sogang University)
2013年 2月15日(金曜日) 16:00−
place
基礎物理学研究所 湯川記念館・講義室Y306
(詳しくはこちらへ)
GCOEセミナー
title
New features of broken time reversal symmetry in unconventional superconductors
author
Professor Manfred Sigrist
(ETH Zurich)
2013年 2月15日(金曜日) 10:00−11:30
place
理5号館(物理学教室)第4講義室(5階525号室)
(詳しくはこちらへ)

過去のセミナー・講義

2012年度

  • 中村 勝弘
    (ウズベキスタン国立大学(タシケント))
    Nonequilibrium Equation of States for a Confined Quantum Gas: Effects due to a Moving Piston
    2013年 2月4日(月曜日) 16:00−
  • 泉田 勇輝
    (お茶の水女子大学 シミュレーション科学教育研究センター)
    Nonequilibrium thermodynamics theory describing heat working at maxmum power
    2013年 2月6日(水曜日)16:00−
  • Prof. Claude Berthier
    (LNCMI, CNRS (UPR 3228) UJF, UPS, INSA,
    CNRS, BP 166, 38042 Grenoble Cedex, France)
    High Field NMR in Cuprates and Quantum Spin Systems
    2012年 11月8日(木曜日) 16:00−17:00
  • Prof. Claude Berthier
    (LNCMI, CNRS (UPR 3228) UJF, UPS, INSA,
    CNRS, BP 166, 38042 Grenoble Cedex, France)
    Quantum Spin Systems under high magnetic field
    I: 2012年 10月 26日(金曜日) 16:00−17:30
    II: 2012年 11月 2日(金曜日) 10:00−12:30
  • Professor Petr Lansky
    Academy of Sciences of the Czech Republic)
    Stochastic differential equations and a review of their applications
    2012年 11月 1日(木曜日) 13:30−14:30
  • Dr. Yuko Urakawa 
    (University of Barcelona)
    Fate of long wavelength fluctuations and initial states of inflationary universe
    2012年 10月26日(金曜日) 17:30−18:30
  • Prof. Dr. Niels Madsen氏 
    (Swansea University, Department of Physics, 京都大学招へい外国人学者 受入先:化学研究所)
    Trapped Anti-hydrogen : A new frontier in fundamental physics
    2012年 10月4日(木曜日) 15:00−16:30
  • Professor Avraham Soffer 
    Rutgers University)
    Dissipation through dispersion
    2012年 6月27日(水曜日) 16:30−
  • Professor Avraham Soffer 
    (Rutgers University)
    Asymptotic Stability of Solutions-Modulation Equations
    2012年 6月20日(水曜日) 16:30−
  • Dr. Donald Ellison 
    (North Carolina State University)
    Particle Acceleration in Relativistic Shocks
    2012年4月26日(木曜日) 15:00−
  • Dr. Donald Ellison 
    (North Carolina State University)
    The Surprising Story of Collisionless Shocks in Astrophysics
    2012年4月12日(木曜日) 11:00−

2011年度

  • Professor H. v. Lohneysen 
    (Karlsruhe Institute of Technology (KIT))>
    Superconductors and ferromagnets in contact: from thin films to nanostructures
    2012年3月29日(木)10:00
  • Dr. Tsumoru Shintake 
    (沖縄OIST教授)
    「New Electron Microscope based on Coherent Diffraction Imaging」
    2012年 3月2日(金曜日)15:00−17:00
  • Dr. Keshav Dani 
    (沖縄OIST助教)
    「Femto Second Physics based on Ultrafast Laser Experiments」
    2012年 3月2日(金曜日)15:00−17:00
  • Yuji Hasegawa 
    (Vienna University of Technology, Professor)
    「中性子のスピン測定における不確定性」- ハイゼンベルクの不確定性原理を超えて -
    2012年 2月21日(火曜日)14:00−16:00
  • Ryuichi Fujita 
    (Universitat de les Illes Balears, Spain)
    Gravitational waves from extreme mass ratio inspirals to the 14th post-Newtonian order
    2012年1月25日(水)15:30 -
  • Mr. Konrad Gizynski
    (Institute of Physical Chemistry Polish Academy of Science)
    Feedback and teaching in reaction-diffusion information processing
    2012年1月16日(月曜日) 13:30−15:00
  • Dr. Nathalie Deruelle
    (APC, University Paris 7)
    Weyl gravity and Cosmology
    2012年1月10日(火曜日) 15:00 -
  • Dr. R.A. Jameson
    (Inst. Angewandte Physik, Goethe University Frankfurt)
    Space-charge physics design technique for linear accelerators
    2011年11月28日(月曜日) 14:00−15:00
  • Friedrich Kneidinger
    (Technische Universitat Wien)
    Lack of inversion symmetry in heavy fermion and simple metal superconductors
    2011年10月31日(月曜日) 17:15 - 18:45
  • Professor Alexandre Buzdin
    (University of Cambridge)
    Vortex molecules in thin films of layered superconductors
    2011年10月26日(水曜日) 15:30 -
  • Dr. Jan Stenflo
    (チューリッヒ工科大学名誉教授)
    The Sun as a laboratory for quantum physics -Enigmatic scattering polarization of NaD1 observed in the Sun-
    2011年10月 25日(火曜日) 9:30−11:00
  • Dr. Kei Yamamoto
    (University of Cambridge)
      Application of Wainwright’s Formalism to Anisotropic Inflation
    2011年 10月18日(火曜日) 13:30−15:30
  • Dr. Yuko Urakawa 
    (University of Barcelona, Ochanomizu universit)
    Implications of genuine gauge invariance and inflationary vacua
    2011年10月17(月曜日) 16:30−17:3
  • 吉原 文樹氏 
    (独立行政法人 理化学研究所 基幹研究所 研究員)
    research activities on superconducting qubits
    2011年 8月4日(木曜日) 11:00−12:00
  • 出前授業等経験交流ミニワークショップ
    2011年6月21日(火曜日) 15:00-17:30
  • Jean-Emile Bourgine 
    (CQUeST, Sogang University)
    Bulk-boundary resonance in one matrix model and Liouville gravity
    2011 年6 月15 日(水) 13:30
  • Sang Pyo Kim 
    (Kunsan University)
    Effective Action in Non-trivial Background
    2011年5月24日(火) 14:00-15:30, 15:40-17:10, 5月25日(水) 10:30-12:00
  • Rak-Kyeong Seong 
    (Imperial College London / YITP)
    Brane Tilings and the mesonic moduli space of Ypq Theories
    2011年05月11日(水) 13:30〜

2010年度

  • GCOE研究員年次報告会 
    2011年3月24日(月曜日) 13:20-16:20
  • 有賀 暢迪
    (日本学術振興会特別研究員(京都大学大学院文学研究科)
    ラグランジュ『解析力学』を読み直す
    2011年3月9日(水曜日)14:00-15:30
  • 稲葉 肇
    (京都大学大学院文学研究科博士後期課程、日本学術振興会特別研究員 (DC))
    統計力学史の再検討:マクスウェル・ボルツマン・ギブス
    2011年 2月 18日(金曜日) 14:00−
  • Professor Edgar Patino
    (University of Los Andes, Bogota, Colombia)
    Experimental investigations in superconductor/ferromagnet heterostructues: a close look to induced superconductivity inside a ferromagnet
    2011年 2月 8日(火曜日) 13:30−14:45
  • 向山 敬 氏
    (電気通信大学先端領域教育研究センター 特任准教授)
    相互作用可変フェルミ粒子系―多体物理から少数粒子物理まで
    2010年12月2日(木曜日) 16:00〜17:30
  • Peter Schuck
    (Orsay, France)
    General Many Body Theory for alpha Particle (quartet) condensation in the macroscopic Limit
    2010年11月29日(月曜日)13:30〜
  • 木村 康之 氏
    (九州大学大学院理学研究院 教授)
    ネマチックコロイドの相互作用と構造形成
    2010年11月25日(木曜日)16:00〜17:00
  • John M. Doyle氏
    (Harvard University)
    Cooling of Molecules with Inert Gases: from Oxygen to Naphthalene
    2010年11月11日(木曜日)16:00〜17:30
  • Michael Kroyter
    (Tel-Aviv University)
    Lattice string field theory
    2010年10月25日(月曜日)13:30−
  • 土井 正男 氏
    (東京大学大学院工学系研究科 教授)
    ソフトマターにおけるOnsagerの変分原理
    2010年10月7日(木曜日)16:00−17:00
  • 寺崎 一郎 氏
    (名古屋大学大学院理学研究科 教授)
    電荷秩序を示す有機導体θ型ET塩の電流効果
    2010年9月30日(木曜日)15:00−16:30
  • Dr. Robert Jordens
    (ETH Zurich, Prof. Esslinger Group
    Solid state physics with fermionic atomic quantum gases: engineering metals and Mott insulators in an optical lattice
    2010年 9月28日(火曜日)10:30〜
  • Julia H. Rasmussen
    (Harvard University, USA)
    Towards Magnetic Trapping of CaH
    2010年 9月17日(金曜日)14:00−15:00
  • Nicholas R. Hutzler
    (Harvard University, USA)
    The ACME Electron EDM Experiment
    2010年 9月17日(金曜日) 15:30−16:30
  • 鎌田 耕平
    (東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター)
    Thermal effect on the Q-balls and gravitational waves
    2010年7月28日(水曜日) 13:30−
  • 横山 広美
    (東京大学大学院理学系研究科 広報・科学コミュニケーション 准教授)
    科学と社会をつなぐことができるか 〜科学コミュニケーションの模索〜
    2010年7月22日(木曜日) 15:30−16:30
  • Professor Manfred Sigrist
    (ETH Institute for Theoretical Physics, Switzerland)
    Key Symmetries of Superconductivity: Inversion and Time Reversal Symmetry
    2010年7月16日(金曜日)16:00−
  • Professor George Efstathiou
    (Kavli Institute for Cosmology Cambridge and Institute of Astronomy)
    The Measure of the Universe A Crisis For Cosmology
    2010年6月30日(水曜日) 16:45−18:00
  • Teiji Kunihiro
    (Kyoto University)
    RG derivation of relativistic fluiddynamic equations for a viscous fluid
    2010年4月22日(木) 13:30−
  • Yifu Cai
    (Institute of High Energy Physics, Chinese Academy of Sciences)
    Phenomenological Aspects of Bounce Cosmology
    2010年4月20日(火) 16:00−
  • Alberto Martinez Torres
    (YITP, Kyoto University)
    Three-body hadron resonances
    2010年4月14日(水) 15:00−

2009年度

  • 細道 和夫
    (京都大学基礎物理学研究所・GCOE特定准教授)
    物理研究者のための場の量子論
    2009年12月21日(月)〜23日(水)
  • 青木 隆朗
    (京都大学大学院理学研究科・GCOE特定准教授)
    光と量子情報
    2009年10月7日(水)〜9日(金)
  • 安東 正樹
    (京都大学大学院理学研究科・GCOE特定准教授)
    重力・重力波物理学
    2009年9月29日(火)〜30日(水)
  • Glenn Curtis Paquette
    (京都大学大学院理学研究科・GCOE特定准教授)
    科学研究のための英語
    2009年10月13日(火)〜
  • Darrick E. Chang
    (California Institute of Technology)
    Quantum opto-mechanics using an optically levitated nanosphere
    2010年3月24日(水) 14:00−15:30
  • Professor George F. Smoot
    (University of California at Berkeley)
    Cosmology Today
    2010年2月22日(月曜日) 16:30−18:00
  • Dr. S J Kennedy
    (Technical Director, Bragg Institute Australian Nuclear Science & Technology Organisation)
    Opportunities for neutron beam research at Australia's OPAL reactor
    2010年2月10日(水曜日) 14:30−15:30
  • Professor Valentina Vasilevskaya
    (Nesmeyanov Institute of Organoelement Compounds RAS)
    The self-organization of macromolecules with amphiphilic monomer units and in crowding environment
    2010 年1 月 22日(金) 10:30-12:00
  • Tom Kibble
    (Imperial College, London)
    Topological Defects in Cosmology and Condensed Matter
    2010 年1 月15 日(金) 16:30-
  • Dr. Carter Emmart
    (Rose Center for Earth and Space at the American Museum of Natural History, New York, USA)
    The Digital Universe 3D Atlas デジタル宇宙3次元アトラス
    2009年12月14日(月)11:00 - 12:30
  • 有賀 暢迪
    (京都大学大学院文学研究科 博士後期課程)
    力学史を問い直す −ニュートン力学の成立をめぐって−
    2009年11月12日(木曜日)14:00 - 15:30
  • 西村 肇氏
    (東京大学名誉教授)
    物理学を一生の仕事としようとしている若い人に
    2009年8月25日(火曜日) 1.) 10:30-12:00, 2.) 14:00-15:30
  • Anna Bodrova
    (Moscow State University)
    Aggregation & Fragmentation Kinetics in Granular Gases
    2009年 7月 15日(水曜日) 16:00−
  • Prof. D.C. Heggie
    (University of Edinburgh)
    Tidal Tails
    2009 年 7月10日(金) 午後4時 〜
  • Laszlo Feher
    (Budapest, RMKI and Szeged U.)
    On the duality between the hyperbolic Sutherland and the rational Ruijsenaars-Schneider models
    2009年 6月 24日(水曜日) 13:30−
  • Jure Kokalj
    (Jozef Stefan Institute)
    Combination of FTLM and DMRG for dynamics at finite temperature
    2009年 6月 22日(月) 16:00−
  • Dr. Andrea Morello
    (The University of New South Wales, Australia)
    Control and readout of the electron spin of individual dopant atoms in silicon
    2009年6月12日(金曜日) 16:00 - 17:00
  • Prof. Jacques Flouquet
    (INAC/SPSMS CEA-Grenoble)
    The H, P, T phase diagram of URu2Si2 P and H switch of ground states
    2009年 5月 26日(火曜日) 14:30−15:30
  • Leor Barack
    (University of Southampton)
    “Gravitational self-force”(with application to extreme-mass-ratio binary inspirals)
    2009年 5月 14日(木曜日) 4:00 p.m. 〜
  • 紺谷 浩 准教授
    (名古屋大学 理学研究科)
    非自明な磁気構造に由来する新規異常ホール効果の理論
    2009年 4月 30日(木曜日) 10:00−11:30
  • Professor Christos Panagopoulos
    (University of Crete, Greece and Nanyang Technological University, Singapore)
    Emergent electronic states in superconductors on the border of magnetism
    2009年4月16日(木曜日) 10:00 - 11:30

2008年度

  • グレン・パケット博士
    (パケットリサーチ、米国)
    2008年度 物理学第一特別講義4 "English Scientific Writing"
    2008年9月16日(火),10月3日(金),6日(月),7日(水),9日(木),10日(金),20日(月),27日(月),29日(水),30日(木),31日(金)
  • Professor Alexander Smirnov
    (Joint Institute for Nuclear Research, Dubna, Russia)
    Crystalline ion beams and the ordered state of ions
    2009年2月10日(火)10:30〜12:30
  • 土手 昭伸氏
    (IPNS, KEK 高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)
    Variational calculation of the K-pp system with chiral
    2009年1月28日(水)午後4時〜
  • Assistant Professor Chad Leidy
    (Department of Physics, Universidad de los Andes, Bogota, Colombia)
    Enzyme Mediated Membrane Restructuring:An Interplay Between PLA2 Activity And Membrane Organization
    2008年1月21日(水曜日)午後4時〜
  • Professor Piet Hut
    (プリンストン高等研究所)
    Knowledge of Knowledge: Widely Interdisciplinary Research
    2009年1月15日(木)午後4−6時
  • Mirzayusuf Musakhanov
    (Uzbekistan National University)
    Low Energy Constants of the Chiral Perturbation Theory from the QCD instanton vacuum model
    2009年1月14日(水)16時〜
  • Professor Ewan D. Stewart
    (KAIST, Korea)
    Thermal inflation, gravitational waves, baryogenesis and dark matter: a theory for a quarter of the history of the universe
    2008年12月22日(月) 10:30-12:00, 13:30-15:00, 24日(水), 10:30-12:00, 2009年1月6日(火) 10:30-12:00
  • Professor Kim Kap-Sung (金甲星)
    Kyung Hee University, Korea)
    Lecture on Non-LTE Radiative Transfer (Basics)
    2008年12月 5日(金)15:00-16:00, 16:10-17:10, 12日(金)15:00-16:00, 16:10-17:10, 19日(金)15:00-16:00, 16:10-17:10
  • Professor Valentina Vasilevskaya
    (Nesmeyanov Institute of Organoelement Compounds Russian Academy of Sciences)
    Polymer systems with oscillating mechanical behavior
    2008年12月3日(水) 10:30-12:00
  • Professor Roberto Emparan
    (Universitat de Barcelona, Spain)
    Blackfolds
    2008 年11月25 日(火) 13:30-15:00
  • Professor Laszlo Barabasi
    (Center for Complex Network Research, Northeastern University and Department of Medicine, Harvard University, USA)
    Complex Networks: From the WWW to the cell
    2008 年11月17 日(火) 10:00-11:30
  • Douglas Heggie
    (University of Edinburgh, UK)
    Shaping globular clusters
    2008 年11月6 日(木) 3:00-
  • Professor Piet Hut
    Institute for Advance Study, Princeton)
    Astronomy in Virtual Worlds: from meetings to collaborations to simulations
    2008年9月25日(木) 14:00-15:00
  • Manolis Antonoyiannakis
    (American Physical Society)
    Successful Letters in Physical Review Letters: An editor's perspective
    2008 年9月25日(木) 16:00-
  • Uffe Moller
    (Technical University of Denmark)
    Liquid Inspection with Reflection Terahertz Time Domain Spectroscopy
    2008年9月11日(木)14:00−15:00

他のアナウンス内コンテンツ