京大物理GCOE TRA制度

1. 趣旨

本拠点(京都大学物理GCOE)ではわが国の大学院教育に適合した新しい制度として、独自のTRA制度を創設しました。これは、院生が基礎力を高め実践力を身につけながら経済的にも自立できるようにするためもので、TA業務を必須とし同時にRAとしての役割も課します。TA業務は、学部での良質な少人数教育の実現とともに、大学院生自身の物理学の正確で深い理解に繋がります。また学部生との交流が人間的な成長の契機となり、高い社会的見識を有する多様な人材育成の源となることを目標とします。本年度はGCOEプログラムは終了しましたが、物理学・宇宙物理学専攻ではこのTRAシステムを理学研究科と基礎物理学研究所の運営費・間接経費をもって継続します。
GCOE-TRA委員会:中家 剛(物2、委員長)、芝内 孝禎(物1)、長田 哲也(宇物)、阪部 周二(化研:協力講座)、 高西 陽一(物1、教務委員)、川畑 貴裕(物2、教務委員)

 メールアドレス:gcoe-tra(at)scphys.kyoto-u.ac.jp

2. 募集対象

理学研究科物理学・宇宙物理学専攻の基幹講座*、附属天文台及び基研に属する博士大学院生
(*)基幹講座に属するかどうかに関しては指導教員に確認下さい。

3. RA資格

前期はRA資格の審査は行いません。

4. TA資格

TA資格は、理学部の物理関係の講義のTAに応募してもらい、その応募状況を元に選考します。

TAを公募している講義はTA公募科目一覧 をご覧ください 。

 

少人数理論演習、基幹講義、受講者数の多い講義、演習、課題演習、課題研究の順に、TRA必要度を元に講義への配属を決定します。理論研究室に属する院生の方には、第1に少人数理論演習から担当してもらう予定です。

TRA給与(実質はTA給与)
(時給:TA分)1,400円×(週)10時間。月当たり約60,000円
 (RA分)無し

5. 申込方法、採用決定、雇用開始時期

以下の期限までに、http://coe3.scphys.kyoto-u.ac.jp/~coeta/tra.html から、TRAの申し込みを行って下さい。
TRA申込書締め切り: 平成25年2月22日(金)PM17:00まで
採用決定: 3月初旬  雇用開始: 4月第2週頃

【注意事項】

  1. TRAの雇用期間は、平成25年4月第2週から平成25年8月1週目までの予定です。後期の公募は追ってお知らせします。
  2. 学振研究員の人はTRAへの応募は不可能です。
  3. TRAとともに奨学金を受給することは可能です。
  4. 京都大学での他の用務との兼任については、指導教員がTRA委員会に相談して下さい。
  5. TRA開始時期を遅らせたい場合は、個別にTRA委員に相談ください。

6. 採用決定 雇用手続

【H25TRA採択者】2013.3.8公開

  1. TRA雇用手続方法については、後日、事務担当者より必要書類・提出場所の連絡を行います。

他の事務連絡コンテンツ